マタニティ用の服装に切り替えるタイミングはいつがいい?

マタニティ用の服装に切り替えるタイミングはいつがいい?


妊娠中の服装は、お腹が目立つ時期になるといわゆるマタニティウェアになる女性が多くなります。
では、いつ頃からマタニティウェアに切り替えればよいのでしょうか?

マタニティウェアを着る時期になるまでは何を着ればいいの?といった疑問にもお答えする、妊娠中のファッションについてのヒントをご覧下さい。

マタニティウェアを着る利点とは?

そもそも、 マタニティウェアとは妊婦服のことで、文字通り妊娠している人の体型に合わせて作られた服の総称です。
特徴としては、妊娠のため大きくなったバストや、臨月になると1mを超える腹囲に合わせた形になっていること、思うように体が動かせない妊婦さんのために着脱がしやすいデザインや素材を採用していることなど。

妊娠の段階が進んでお腹が大きくなると共に、こうした配慮のある服の必要性はますます上がっていきます。

いつ頃からマタニティウェアを着たらいいの?

いつ頃から着るべきというきまりはありませんが、妊娠中期頃からお腹が目立つようになるため、この頃からだんだんとマタニティウェアを揃える人も多いようです。
つわりが収まる妊娠5ヶ月ともなると、子宮の大きさが大人の頭くらいになってくるので、かなりお腹が目だってきます

この前後からはそれまで来ていた普通の服では対応できなくなってくることと思いますので、その前にマタニティウェアを揃えておいてもよいかもしれません。

お腹が目立たない頃の服装は

お腹が大きくなる前は、もちろん普段通りの服を着ていてもOKです。
少し大きくなってきたら、ウエストが少し大き目のサイズのスカートやパンツ、またはウエストサイズを気にしなくてもよいワンピースなどもおすすめ。

旦那さんのTシャツを借りたなんて妊婦さんもいるので、すべて新品で揃えなくても周りの人の助けを借りて節約するのもよいかもしれません。

イマドキのマタニティウェア

昔々の妊婦さんは、いかにもマタニティウェア然とした胸の下に切り替えが入ったワンピースを着ていた人が多かったものですが、最近のマタニティウェアはとてもおしゃれ。
ワンピースも胸下ではなくお腹の下ラインに切り替えが入り、その下はドレープをたっぷり入れたデザインや、ベビードール風のミニワンピースなど、妊婦さんぽくないデザインもたくさん。

大きくなったお腹を目立たせないオーバーサイズのトップスもマニッシュにならずに、ラグランスリーブを取り入れたりしてデザインにも配慮。
そんなトップスや大き目チュニックなどを合わせれば、マタニティウェアとしてだけでなく産後も着ることができるので、長く使えてお得です。

サイズが変わったらボトムスにも配慮を

パンツの場合、大きくなるお腹に対応するためお腹部分のみリブになっているものがあるので、利用してみては。お腹がいよいよ大きくなってくると、ゴムよりも幅広のリブがくいこまないので、着心地がよいこともメリットです。
もしくは下半身のサイズを気にしなくてもよい、大き目のオールインワンを着るというアイディアも。

タイトなシルエットは着用が難しくなるので、ウエストにギャザーがよったマキシ丈スカートなど、全体的に大き目なシルエットを目指してはいかがでしょうか。

記事まとめ

服装だけではなく気になるのが、妊娠中の下着です。ハイウエストでお腹をすっぽり覆うパンティに変える、冷やさないため腹巻きなど何らかの形でお腹を覆うべき。
妊娠後期になるとお腹を支えるためニッパーや骨盤ベルトも必要となってきますが、産後の引き締めにも使えるものもあるので、自分に必要なものを吟味して選んでおきましょう。

マタニティウェアも下着も、いよいよお腹が大きくなってから揃えると大変なので、体の自由がきく頃に揃えておく方がよいのです。
もしくは通販を利用して、負担なく楽しく、マタニティウェアを選びましょう。

参考サイト

ウーマン・エキサイト