授乳服は本当に必要?代用品になりそうなものと比べて

授乳服は本当に必要?代用品になりそうなものと比べて


赤ちゃんにお乳をあげるのに便利な授乳服。
でも限られた時期しか使えないのでもったいなく、わざわざ買い揃えたくないという人も。
手持ちの服や、普通の服で代用はできないのでしょうか?

授乳服にはこんな機能が

授乳服とは、授乳期にお乳を赤ちゃんにあげるのに、バストを人に見られないで済むデザインの服のことを言います。
たとえば胸の位置で生地が上下に分かれるトップスなら、その隙間に赤ちゃんの口をあてがうことでバストを見せなくても済むというわけです。

また、胸の脇に縦にスリットが入っていて、そこからお乳を上げるデザインや、胸の部分のみ内側に別の生地がついていて、その部分のみをたくし上げたり寄せて授乳できるデザインも。

こんな服でも対応できます

すぐ使えなくなる授乳服を買いたくないお母さんにおすすめなのが、普通の服なのに授乳にも対応できるデザインです。
どんな服なら可能かというと、授乳服ほどはバスト全体を隠せないにしても、トップスにカップがついたブラトップタイプならカップをずらすことで授乳できるという声も。

また、ジッパーやボタンなどがついて前身ごろを開けられる服も、授乳に対応可能です。
特にボタン使いなら、前身ごろを全部開けなくても、バストの部分だけ開けられるので授乳に適しています。

ケープなど小物も利用して

授乳しているところを隠せる、授乳ケープのような小物を利用するのも手です。
授乳ケープがあれば授乳服をわざわざ用意する必要がないので、一つ持っていると便利かもしれません。

ポンチョのようにかぶるタイプなら上半身を隠せるので、めくり上げないと授乳できないトップスを着ている場合に、胸や体が人に見えないので便利。上部にワイヤーが入っていて、赤ちゃんの顔が上から見ることができるデザインもあるので、機能を確認して選びましょう。
シンプルな無地タイプ、おしゃれな柄物なども揃っているので、選ぶのも楽しくなりそう。

マント風のデザインのアウターや、Aラインのトップスで赤ちゃんの頭を覆うことができるものならケープ代わりにもなるので、そうした服を使うのもおすすめです。

記事まとめ

授乳は赤ちゃんの食事タイムですから、場所や時間を選ばずあげるのは当たり前。
お乳は赤ちゃんが欲しがる時にあげた方が良いと言われますので、公共の場だろうがどこだろうが、ある意味待ったなしです。

とはいえ、外出時など人目がある中ではためらわれることもありますし、バストを丸出しにしては周りの人も困惑してしまいます。
授乳室など専用のスペースがない場合には、授乳に適したバストを隠せる服や、小物を利用しましょう。

参考サイト

ウーマン・エキサイト