出産後の服装を選ぶときのポイント

出産後の服装を選ぶときのポイント


マタニティウェアと違って、出産後の服装は何でも着ることができるので自由ではあるのですが、大きくたるんでしまったお腹周りを隠したいという気持ちもあるはず。
お腹を引き締めたい、シェイプアップして見せたい人にとっては、機能を考えた服装を取り入れたいもの。
どんな点に気をつけて選べばよいのかを、まとめてみました。

出産後に皆が気にするお腹周り

ほぼすべてのお母さんが出産後気にするのが、お腹周りのサイズ。赤ちゃんが入っていたため伸びてしまったお腹の皮は、そのまま放っておいてはなかなか元通りになるのは難しいもの。
筋肉量も減った産後の体は、全体的にお腹やバストトップが下降した印象を受け、ますますたるんで見えてしまいがち。

エクササイズやヨガなどで早く引き締めたいところですが、産後1ヶ月に満たない時期は産褥期にあたり、運動を始めるにはまだちょっと早いのです。
運動は体調が落ち着いてからにして、ウエストにギャザーなどが入らず、お腹を平らに抑えるようなデザインのボトムスを選びましょう。

また、運動を始めるまでは引き締めによいという産後用ガードルや、ニッパーをつけるのもおすすめ。

体型をカバーしてくれるきちんと感を

こうした体型の変化をカバーするには、だらっとした印象を与えてしまう服はNG。
妊娠中楽だからと着ていたオーバーサイズの服をそのまま着ていると、シェイプアップする意欲も失せがちなので、少々きれいめデザインの服を選んでおくとよいでしょう。

とはいえ、赤ちゃんを相手に奮闘する毎日では、かっちりし過ぎる服装は現実的ではありません。
ソフトでストレッチ性のある素材でできた細身のパンツ、動きやすいけれどおしゃれ感のあるレギンスに、お腹周りを隠しつつもデザイン性があるチュニックなどが無難なスタイルかもしれません。

授乳期のトップスは機能も重視

赤ちゃんが小さいうちはトップスにお乳をあげやすい機能が求められるので、デザインにも配慮しつつ、授乳もしやすい服を選ぶと便利。
また、赤ちゃんを抱っこした時にチクチクしないよう、柔らかく触り心地のよい素材を選んだり、赤ちゃんの顔に当たらないよう飾りのないトップスがよいでしょう。

記事まとめ

出産後まもなくは、赤ちゃんの世話に忙しくて服装になんて構っていられない、今はおしゃれなんて関心なしというお母さんも多いかもしれません。
でもその状態を放っておくと引き締めにも関心がなくなり、どんどんだらしなくなってしまいます。

赤ちゃんのため、旦那さんのため、そして自分のためでもあるのですが、キレイなお母さんを目指しておしゃれやシェイプアップにも関心を!

参考サイト

ベルメゾン
エキサイトニュース