Clothing and cautions when participating in ceremonial occasions during pregnancy

妊娠中にやってはいけないファッション


妊娠中もおしゃれをしたい!、でもやはりTPOも考えてファッションを選びたいもの。どんなファッションがNGなのか、事前に知っておくべきポイントをまとめました。

妊娠中避けたいファッションとは

デザインよりも優先させたいポイントは、何よりも体が冷えない服を着ること。まだ妊娠初期だからとお腹を出すファッションや、足を大きく出すミニスカートは避けた方がよいでしょう。
冷えやすい妊娠中の体は、コーディネートにタイツやレギンスなどの小物を補って暖かく過ごせるように工夫しましょう。
妊婦さん用のファッション小物は産後も使えるものを選べば、長く着ることができてお得です。
どんなアイテムが便利かは、口コミサイトなどを見て情報を集めておきましょう。

行動に制限がある服もNG

タイトなスカートなど行動に制限が出るデザインは、妊娠中は避けるべきです。
デザインが気に入っていても、アクシデントが起きては大変です。

同じく、飾りがたくさんついていて引っかかりやすいデザイン、着脱がしづらくお腹が目立ってきたときにストレスになるデザインも避けたいもの。
重さを感じる素材、肌にストレスを与える素材などもNGです。

第三者が助けやすくなる妊婦ファッション

おしゃれに関心が高い妊婦さんの中には、妊娠中と解るマタニティウェアの着用に抵抗がある人もいるかもしれません。
でも第三者の目から見ても妊娠しているのかなと感じられるファッションでいると、電車の中で席を譲られたり、場合によっては荷物を持ってもらえたりするメリットも。

いかにもなデザインが苦手なら、妊婦であることを示すバッジをつけるなどして妊娠をアピールして、周囲の助けを借りれるようにしましょう。

記事まとめ

妊娠中のファッションにおいて、靴にも注目しておきたいもの。
普段は歩きやすく脱ぎ着が楽な、紐のないスニーカーなどが便利です。

でもドレッシーな服を着るチャンスが妊娠中にもあった場合、足元がスニーカーではちょっとミスマッチに。
そんな時でも高いヒールは転倒の危険もあるので避けて、ヒールのほとんどないバレエシューズやスリムなシルエットのスリッポンをどうぞ。

参考サイト

日刊アメーバニュース